2011年12月27日 (火)

アイロン掛け

111206_012455_1フェンジャパのストラト

ネックの順ぞりを直してみました。ロッドも効かないくらいに回りきっていたので強引にアイロン掛けです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 4日 (金)

いらんこと始めちゃいました

110927_004224_1 前に買ってたEシリアルのボディを剥き始めました。

前オーナー?が黒を上塗りしていてあんまり綺麗じゃなかったので・・・「やるか」と思い立ってしまいました。

元々の塗装はグリーンみたいだったけど、剥いてみたらブルー?

此の色だったら無理に剥く必要はなかったんじゃねぇかぁ?

嫌いな色じゃないし・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月23日 (月)

Img_0086_1 ついに我が家にやってきましたヽ(´▽`)/

2004年製のLes Paul Standard Premium Plus

レギュラーラインのちょい良い奴みたいですが、ちゃんとしたトラ目なんです!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月30日 (火)

90度回転

フリーのソフトを使って動画を回転させたら寸足らず

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

だって暇だもん!

100214_101237 最近手に入れたこいつはデカロゴ・CスタンプボディのF・J「JV」

しかもPU→Seymour Duncan Alnico II PRO Staggered、POT→ALPHA製、5点スイッチ→メガスイッチ、コンデンサ→オレンジドロップに替えてベルデンの撚り線で配線してある強者です。

ところが!実際にはノイズが酷くて使い物に成りません。

前オーナーはこの手の改造に慣れてるらしく綺麗にハンダ付けされてます。当然配線も間違えるはずが無く・・・なぜ?

気になっていたのが「リアピックアップのみフェイズアウトになってます」の文字。たしかにハーフポジションでは音が小さくなる・・・配線はまともなのに?・・・まさか逆磁相?

良く解らなかったので前オーナーに確認してみたら「逆磁相は配線し終わってから気付いた。Duncanではたまにある。ジャックのみ替えてないのでそこが悪いのでは?」とのこと。

なるほどジャックには「JAPAN」の文字。それではと手持ちのジャックに替えるかと思ったけど、まて、どーせPUのコールド側を継ぎ足さなきゃならんしジャックも舶来で・・・と思ってスイッチクラフトとベルデンの撚り線20AWG・NOSを注文

商品が到着したのでへたくそハンダでせっせと作業

「備後!」じゃなくて「ビンゴ!」ちゃんと音が出ました!

暇やね-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月26日 (土)

上手い事はまってくれました

下の子にミニギターを買い与えてみました。

このギター、おもちゃに気が利いたぐらいの代物でチューニングは合わないし最悪でした。

最初はfenderにしようかと思ってオークションを探していましたがやっぱり「高い!」。普通のストラトと同じ値段じゃ無理でしょ!

諭吉さんの顔を見ないですむような奴と探したら結構有りました。

しばらくはコレで遊ばせておこうと思います。それから・・・  イヒヒ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

LIVE!

8月30日(日)嫁は長崎に向かいました。

私たちはテレビの前の生中継で我慢です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

憧れの人だって・・・

Zankyou_fukuyama 嫁さんが買ってきました。

長崎の野外コンサートにも行くそうです。

私といえば、これを機にトレーが出てこなくなったDCD-3300(CDプレーヤー)をDCD-3500Gに替えちゃいました。

文句が出ませんでした。

ラッキーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)

出来上がり

Dscf0002_1 Fender Japan ST-57 リペア出来上がりました。指板の部分だけ白くてへんてこなストラトになりました。

トップは2回吹いただけやけど何とかなるでしょ。

さぁー次は何して遊ぼうか…happy01

おっとpaper釣りの仕掛けの手入れをしないと…notes

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月28日 (火)

馬鹿なことをやってます

ついつい「ポチッ」と落としてしまったストラト。商品紹介にはちゃんと「指板の塗装剥がれ有り」と書かれていたが、それはそれで「かっこいいかも」と勘違いしていました。Dscf0007_1

でも現状はコレ・・・ポリの塗装がパリパリと剥がれて行きます・・・gawk

これじゃダメだろう!と馬鹿なことをやり始めました。本来で有ればネックの全塗装だろうけど、それじゃあロゴが無くならないか?ふむ・・・

Dscf0064_1 指板だけの再塗装を!??(しかもラッカーで、フレット残して・・・)←後で後悔しそうscissors

まずはカッターナイフで塗装を剥がす。暖めると剥がしやすいそうだがここまで剥がれているとそう苦では有りません。

Dscf0001_1 ウッドシーラーを吹き付けて、サンディングシーラーまで来ました。

後はトップを吹くだけ。

最近雨なので天気が良くなってからやっつけようpunch

Dscf0006_1 と思っていたらついついオークションで「ポチッ」とやってしまった。

ギターだけじゃどうにもならんだろう!と・・・

あーもう寒グロシーズン間近だというのになにやってんだろdespair

P.S このCUBE-20Xが事務所に着いたとき側にいたpigが「またこがんガラクタば買うて!pout」と言いながら下の子と一緒に蹴っていました・・・shock

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧